<   2005年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

最近のはまりもの

c0047998_9104683.jpg最近のおたのしみです。
えーっ、これは「こだわりルームコレクション」というタイトルのガムです。
いえ、おもちゃ入りガム(?)です。コンビニで購入いたしました。399円。
なかなか細かい作品で、実物を見て感心しました。










c0047998_9105417.jpg

そしてこちらも。これは最近テレビCMされておりますが、「一(はじめ)」というお茶についているフィギュアです。
一時期ガンダムフィギュアやスヌーピーが流行りましたし、今もキャラクター系のものは人気のようですが、この「一(はじめ)」のフィギュアはジオラマというのがなんともいえません。
このお茶畑の景色で少し自分を癒してます・笑

お茶のお味も悪くないと思います。




以前「頭文字D」というコミックをよみあさって(走り屋さん達のお話)、
その物語に登場する車のフィギュア(というかミニカーってやつ?)が
近所の古本屋さんのガチャガチャにありまして、多額の投資をして集めたことがあります。

こういう細かいもの、そして日本のフィギュアの出来は本当にすばらしいです。
また近年ブームであるのでしょうけれど、大人が楽しむものも多くてホントに
サブカルチャーとしての地位を確立したと思えます。

そして、なぜ最近忙しい・・・。
というか、ようやく自分の仕事のスタイルがわかってきたような。

とても多くの専門文書を読破していくことを要するので、体を動かしているわけではないのですが
なぜかとても疲れます。といっても、ストレスで疲れるのではないので甘いもので疲れを除去しております(笑。


c0047998_9101760.jpgそしてこちらのケーキはうちのみみの昨日のおみやげ。 ケーキそのものは「ヨックモック」ですが、池袋の東武百貨店オリジナルのさくらミルククレープだそうです。春らしいケーキでした。おいしかった。ふふっ。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-31 09:49

その友人

誰よりも私を長く見てくれている私の親友。
どうもありがと。

私の人生の大半を知っていてくれる友人。
もちろん、私もあなたの事を知ってますよ。

いつも、どんなときも不思議と何かを共有できる女性。

実は、彼女は以前私に恋心を抱いていてくれました。
今は笑い話。
その頃、その気持ちに気づいた私はものすごく残酷に彼女を傷つけました。
それからしばらくお互い会うことが出来なくなって、
まるで恋人のような偶然の出会い。

縁の深い人とは、こういう人との間柄を指すのかもしれません。

あなたは私のことを「特別だ」と言ってくれる。
あなたも「特別」です。

私にとって、姉であったり母であったりする友人(同年齢ですが)。
私の誕生日に年齢分のバラを送ってくれたり、
その頃私たちには驚くほど高価なディナーを誘ってくれたり。
あっ、一緒におじさん達と混じって、屋台でお酒を飲んだりもしましたね。
思い出は山ほどね。
そして、これからも私たちの記憶は共有されるでしょう。

華やかで、強くて、ひたむきで、ドジで、誰よりも「優しい」あなたと、
これから先も、いかなる変化が訪れようと
おそらく一緒に成長するのでしょうね。

長電話つきあってくれてありがとね。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-26 10:07

sweets

みみべるとなんとなく歯車が合わない数日が続いていた。

気にしてみても仕方ないから、気にしないでいた。

そしたら昨日みみべるが、私の大好きなシフォンケーキを買ってきた。

こういうのに弱いです。私。

長年日本人をやっているくせに、やはり日本語は難しい。
というより、言葉で表現できる範囲はとても狭いのかもしれません。
まして恋人となると(というか、私とみみべるの間柄)
自分の思っていることと相手に伝わる内容がすれ違ってしまうことがあります。
そこで、恋人でなければ笑って過ごしてしまうはずなのに
相手が恋人(というより、みみべる)だったりすると、口論に発展してしまったり・・・。

どうにも「自分をわかってもらいたい」という欲求が働いてしまうのでしょうか?
また、相手との相性もありますよね。

言いたいことが伝わらないとき。
言わなくてもいいときもあるのかな。
いや、言うことを我慢すべきときもあるかも。

        なんて思っていたときに差し出された桜色のシフォンケーキ。

        ふわふわして、香りもやわらかくて、ほんのり甘い・・・。

        やわらかな甘さが私の心をほぐしてくれました。


         silence is sometimes the best answer.
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-25 09:40

後に回さない!

もう、目の前の問題から逃げないでいこう。

って、この文章だと随分大それた人生論のようですが、
私の場合、本当に仕事上の単なる問題。問題集の問題みたいなもの。

でも、今まではなんだか難しくて後回しにしてました。
だけど結局同じ内容と出会ってしまう。
もーう!
これからは後回しにしないんだから!!!

と考えていたら、なんとなあく自分の人生の反省点にもつながるような気がしました。

最近時間が過ぎるのが早いと思ってしまいます。
でも、確実に私と私のいる環境は変化しつづけるので
例えば5年前の自分から、現在の自分は想像できないと思います。

今の自分は、その頃から比べて格段に良くなってるかな。内面的にね。
この辺はとても自分を高く評価してあげたりして。
この間に流した涙も相当な量だとも思いますが・笑。

人によって、5年を目安にしたり10年を目安にしたりだと思います。
あえて私は5年を一つの周期にしてみようと考えてみました。
フレームのデザインにこだわって、中身を入れ忘れたりしないように!
中身を丁寧に積み上げていくのは、なかなか大変。
だからつい先送りしたくなってしまいます。
でも、中身のないフレームはとても脆弱ですから、
結局いつかは中身を入れて作り上げないと。
人生って有限だから、後回ししてられないわ!

あっ、そうそう、だからこの仕事ひとつクリアしなきゃ。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-24 11:38

ふんっ

なんだか理由は良くわからないけど、最近みみべるとしゃべらない。
多分ケンカの一端なのかもしれないけれど、
これといって私の何かが彼女の気分を害したとはあまり思えない。
つまり原因がわからない。

もう毎回毎回大きなケンカをするのは、疲れるしあまりにも進歩が無いから
   放っておく!

神経質な子供ってこんな感じなんでしょうか?

きっとこうやっていろいろと考えて過ごして、
私にとっては何か意味のある時期なのかもしれません。

でも、みみべるがつくってくれた海鮮丼、ちょっと自慢にのせちゃお。c0047998_118149.jpgc0047998_1182352.jpg





















                                  ワインはスパークリングです。
                                  おいしかった。うふふ。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-23 10:50

そして昨日のワインと食事

c0047998_10153215.jpgまた飲んだ後に撮ってしまいました。

フランス、コート・デュ・ローヌの赤ワイン。シラーを使ったものです。

先日カルフールで購入したワイン。さっぱりした口当たりでとても軽い印象。飲みやすいワインでした。

こういう軽めの赤ワインは、バケットに生ハムや生サラミを挟んだだけという食事に合うと思います。チェダーチーズなんてあったらまたいいかも!


私たち、女二人とは思えないほどお酒を消費しているかも・・・。
でも太りません。これは本当に大切なこと。
お気に入りのスーツが着られなくなることというのももちろんですが、本当に大切なのは「自己管理」だと思います。


もちろん、少々ぽっちゃりしているくらいのほうが健康的な方もおりますし、
標準体重やダイエット広告に踊らされる必要はありませんよね。
自分が「健康だな」と感じられるのが、一番のダイエットです。

知らず知らずにストレスや日常の不満を、食べること飲むことで発散してしまっては体がたいへん。
見た目の美しさのためのダイエットよりも大切なのは自分の心のダイエット、かな。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-18 10:15 | wine

会社抜け出して。


「そろそろワイン買いに行かない?」c0047998_1102241.jpg
どちらからというわけでもなく、
ストックのデイリーワインが少なくなると出てくるこの言葉。
そしていつものワインショップ。

昨日はみみべると私は、二人でお昼頃に会社抜け出して
平日のお買い物デートに行ってきました。

私が一足先に帰宅し、車でみみべるの会社までお迎え。
そしてドライブしながら千葉県にありますアウトレットへ。


このアウトレットの一画に「カルフール」というフランス系巨大スーパーがあり、
そこのワインショップはとても種類も豊富ですし、お値段も手ごろ。
お高いワインは室温や湿度の管理されているお部屋できちんと保管されています。
私たちの大好きなショップ。

お天気も良いし、多少の渋滞も気にせず
どこからか見つけたユーリズミックスを流しながらお気楽ドライブ。


c0047998_1103810.jpg
到着しても、駐車場の渋滞も無くスイスイ。
ここは土日に来るととても混んでいて疲れます。

さすが平日!

待つこともなく駐車場へ。

まずはお洋服から。
ショップのウィンドーは
春の装いで華やかでした。

私たちの購買意欲もレッドゾーンに入ってしまい大変。



私とみみべるは同じサイズなのに、相変わらずみみべるは
「これは私ははけるパンツだけど、ももべるは無理ね」と。
そして試着室での争い。

でも、昨日は戦利品は私の方が多かった。
しかも、ディスプレイ見ながらショップの店員さんに「これまとめて下さい」という
ちょっとゴージャスなお買い物までしてしまいました。
      ↑
  購入したものは私の服ですが、こういう方法で買い物をするのは当然みみべる。
  そしてこれはみみべるからのプレゼント。 
  右手の薬指と中指に挟む某外資系ゴールドカード。
  サインはもちろん英語。
          ・・・・こんな時、どうにも一体感を感じられない瞬間があるわけですが(笑・・・
  とにかく、比較的高価なお買い物はこの方が良いのだそうです。


  
                                    その後休憩。午後のお茶

c0047998_11202254.jpg
c0047998_11153921.jpg






↑こんな子がおりました隣の席へ。

本当に平日は快適。
週末はこうはいきません。






みみべるはお気に入りのスプリングコートが見つからず、
いじけてこの場は立ち去りました。

そしてようやく、お目当てのワインショップのあるスーパーへ。
カルフールというお店は、前述いたしましたがフランス系企業で
世界的には米系ウォールマートに次ぐ売り上げを誇る企業ですが、
残念ながら日本からは撤退が決定しております。
そこで、これら店舗はイオンとその他大規模小売店の企業が引き受けるとのお話。

c0047998_11495670.jpg
なんとかこのワインショップのスタイルと価格を維持されることを希望しますが、ワインはどうでしょうか?

やはり今まではカルフールジャパンが直接輸入し販売していたからこそ
可能だった価格設定ではないかと思うので、さすがのイオンでも、ワインに関しては今までどおりに行きますでしょうか・・・。

←奥には、お高いワインたちが眠りを覚まさないように、温度や湿度管理されているお部屋があります。


ワインのみならずチーズと生ハム、そしてここはおいしいパンもあるので
それらを買ってワインとチーズの晩餐でした。
野菜はレタスをちぎって大量において置きます。
バケットにはさんだり、マヨネーズでいただいたり。
そしてワインはスペイン産の赤ワインでした。
c0047998_1114552.jpg

[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-17 12:09 | wine

逃避

お天気はいいし、朝シャンもしたわりにすっきりしません。

webの世界はボーダーレス。
知りたいトピックにすぐ飛びつける。

たまーに、起こる衝動。
「日本脱出」。

私の友人は留学した人や、
現在海外に住み着いている人が数人いる。

私は、強く憧れてはいたものの、短期はともかく
長期にわたる海外生活という経験は無い。
だからどうにもこの衝動がおきるのでしょうか?

心から行きたいと思うのなら、いけるんですよね。
今の世の中、政治的な理由で渡航が制限されている地域は少なく、
経済的な事情をクリアさえすれば行けると思います。
まして、セレブな暮らしをするわけではないのなら
何としても、本当に行くつもりなら、何とかしてしまうと私は思う。

同時に、「海外に行ったから何なのか?」という問いかけがよぎります。
日本で何か得られないまま、日本から逃避しても
出向いた先で何を得られるのでしょうか?

もちろん、その地域に行かなければ成し得ない何かのために行くのなら
意味はあるのかもしれませんね。

と、いろいろと考えても経験の無い私にはわかりません。
行ってみて自分が思ったことであるなら、確かかもしれないけれど
無いところからの想像では確信はつかめません。

みみべるはロンドンに2年、ロスアンジェルスに2年いました。
しかし今は日本にきちんと着地しています。

少し前に、遊びで手相を見てもらいました。
私の手相を見るなり、手相占いの方は「あなたは先々日本にはいませんよ」と
断言されました。
今の私に海外生活の現実的な予定はありません。
けれどなぜか自然に納得。

もしも海外に出てしまうとしたら、
一人でしょうか? 二人でしょうか?

これからのみみべるには日本の暮らしが必要な気がします。

いつかは道がわかれるときが訪れるのでしょうか。

手相は変わるといいますが・・・。


現在の自分自身に無性にイライラしてしまうとき、
逃避願望が強くなってしまうのでしょう。
自分の足元を見つめることが一番大切なのにね。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-14 10:15

最近のお気に入り

都電荒川線。
あるんですよね~、東京にも路面電車。
私東京生まれ、かつ現在も東京在住ではありますが
このキュートな路面電車に乗車したことはありませんでした。

最近仕事の用事で向かうところがあるのですが、
地下鉄を乗りついで行くのに飽きたので利用してみました。

すごく快適。
発車するときに「ちんちん」って鐘を鳴らすんですよー!
車内から見る景色も、いつも車やバイクで通過している見慣れた景色のはずなのに
あきらかに違って見えたりして。

渋滞を脇に見ながら、線路の上を進みます。

しかも乗車賃¥160。
現在東京都のバスの料金¥210、地下鉄の初乗り¥160。
と、このように書いてもピンと来ない方も多いと思いますが、
私としてはこの都電荒川線の料金は安いと思うんです。
荒川区三ノ輪~早稲田までの区間を走っているのですが
どこまで乗っても¥160ですから。

明治44年に開業とのことです。以前はこの路線だけでなくたくさん走っていたようです。

c0047998_1841315.jpgc0047998_18404753.jpg
c0047998_18405564.jpg

c0047998_18411557.jpg
c0047998_18412588.jpg

   ちょっとお得なので回数券購入! ↑
   このチケットがまたレトロな香りがいたします。
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-13 19:14 | camera-Contax300rt

食べるものって・・・

アメリカからの牛肉の輸入解禁について、ニュースで話題です。

日本の食料自給率が低いことは周知の事実ですが、
政治的な見地よりも私は自宅の食卓からの見地で
考えることがあります。

私は一時期ベジタリアンを主張していたくらい、野菜を尊敬しています。
(あっ、今はお肉ばりばりいただいておりますが。)

そして、ありがちかもしれませんが
やはり「有機野菜」「無農薬野菜」の類に興味があります。
       
というのも、こればかりは食べてみて実感する人としない人がいると思いますので
私の偏見と思われてしまうかもしれませんが、
良い土で育った野菜は「力」があるようです。もちろん新鮮なものが一番。

ちょっとの体調不良は、元気の良い野菜を食べることでなぜか看過してしまいます。

不思議です。

これは私が都会に住んでいるから、余計に実感することなのかもしれませんね。

毎日の通勤で「土」を見ることはありません。
変わりに目にするのは地下鉄の広告や、車の渋滞、立ち並ぶビルの直線。
本当は不自然な世界です。
良くも悪くも、空気のきれいな、ビルのかわりに海や山を望める土地になかなか縁がないらしく、
ここで生まれて現在もここで生きるという事実は受け入れなくてはなりません。

ここ都会では、元気の良い野菜は私のライフラインのようです・笑

現在はさまざまな規制緩和の結果、野菜も輸入によって安く供給されるようになりました。
もちろん、おなじ野菜です。輸入されたものだからといっても、私の体を作ってくれる
大切な食材に変わりありません。

付加価値があるとするならば
輸入や国産の違いではなく、作り手の「心」ではないかと思うことがあります。

大規模農業によって利益を上げるためには、やはり農薬を使い
大型冷凍冷蔵設備や流通を駆使します。
その恩恵は、比較的低価格で食物が手に入ること。
そこに反映されるのは、経営者の心(笑・?)でしょうか。

小規模農業に携わる農家では、常に収入は天候に左右されてしまうでしょう。
まして、有機栽培を決意するとなるとリスクもとても高いと聞いたことがあります。
ある有機栽培農家の方のお話。
    野菜に巣食う虫たちを嫌って農薬を使うと虫は弱ります。
    その虫たちが弱まることによって、今までそれら虫たちによって
    排除されていた害虫たちが増えるそうです。
    そして、害虫たちは農薬に強い。するとさらに強い農薬に切り替えなければ
    畑を守れなくなる。。。とのことです。

    そして、その方は虫さん達との共存を考えてみることにしたそうです。
    その方が作った野菜たち。おいしいです。
    たまに青虫がいたりしますが(笑

大規模な流通に適さない、このような農家の方の野菜には
作り手の「心」が反映されるようです。とてもエネルギッシュな野菜たちです。

先日出かけた温泉地。c0047998_10442356.jpg

近くに牧場がありました。
生産量は少ないようですが、
観光に来た人が購入できる、
新鮮な牛乳が販売されておりました。

    おいしい。
   
これでしばらくは延命できるみたい    
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-03-11 10:46