お酒好きの語りたがり(ワイン考察)

語らせてください!他で語る場所もありませんので(笑!!
いただいたコメントの「買おうにも、どれが美味しいのかぜーんぜんわからないくて、手が出せない感じです。」(by blueさん)にどうにも反応したいのです。

みみべるはソムリエ資格がありますが、私はありませんので、
あまり私がえらそーにも言えないのですが、語りたい・・・!

そうなんですよ、私もまるっきり同じ感想を持っていました。
もともと、お酒はビールと焼酎と思っていまして、
ワインっていうのは「きどってるわね」くらいに思っていました、実は。
しかも、赤、白、ロゼ、発泡、くらいの区別だけかとおもったら、同じ赤でも、重いとか軽いとか!
「じゃ、一体どれならおいしいの?わかるわけないじゃない?!」という少々逆ギレに近い
感想まで抱いておりました(笑。
お酒売り場で聞いても、内心わかったようなわからないような・・・、というかんじでしたし。

ワインの最初の一歩。
思うに(私の感想ですよぉ。プロの方、もしお読みになられても目をつぶってくださいませ)

①価格帯は¥1,000以下
②出来たらワインの歴史のあるお国柄が産地のもの
③赤or白についてはその時の気分で

          という3つの基準から選ぶことを前提とします。
          そして、、、
①については、ワインの香り(特に赤)は日本人にとって日常的な香りではありません。
飲みなれていない場合、高価なワインの香りは個性が強いので本当に「おいしい」と感じる以前に独特のワイン臭に先に嗅覚が反応してしまうので、味の良さを感じるのは困難。

飲みなれている方はともかく、もしも飲み慣れていなければ余計に¥1,000以下のワインを選ぶと良いと思います。
香りが強すぎないですし、冷やして飲んで単純に喉越しの良さを感じることが出来るものが多いです。

これは、みみべるにも言われたことですが、
高いワインは実際おいしいものです。けれど、この良さがわからない人(私もそうでした)。
安いワインをたーーくさん飲みましょう。
高価なワインに出会ったとき、理屈抜きでそのワインが「高価なる所以」がわかります。

②について。
ワインといえばフランスやイタリア、ドイツのようにヨーロッパが主流です。しかし、今はアフリカ、チリ、オーストラリア、カリフォルニアという新たな産地のワインがあって、また悩んでしまいます。
けれど、わからなければ「どこのでも」ではなく、ワイン作りの歴史のある産地のものが
無難です。極端に異質な味のものは少ないと思います。
新世界と呼ばれる、新たな産地のワインは、たまーぁにぶどうジュースを混ぜたような味のものがありました(誰がなんと言おうと、私の経験則です・笑)。
もちろん、おいしいですよ、新世界ワイン。
私も良く飲みますが、ここではあえて迷った時の選択としてということです。

③について。
「お肉料理は赤ワイン、お魚料理は白ワイン」といわれますが、こだわる必要なないと思います。
でも、こだわる必要がなくて、特に「これ」という意思がない場合は、この法則にのっとっていいと思います。
実際、赤ワインの抗酸化作用はお肉料理をいただいたときの体のバランスを整えてくれますし
白ワインには殺菌作用があるため、お魚料理のときには都合の良いものです。

そして、上記が総論。
各論に移りたいと思います、、、が手早くしないと上司が出社するリスクが!

では、現実的にお酒売り場に行かれたとき。

まず、お酒自体そんなには飲まない人グループ。
           ↓
   ドイツの白ワインを試してみてください。リースリング種というぶどうを使っているもの。
   甘くてフルーティです。冷やして飲んでみてください。

   お酒好きで甘口が苦手な人グループ。
     ↓      ↓
     ↓  まずは軽く飲みたい方→ピノノアール種(pino noir)を選んでみてください。
     ↓                 赤ワインです。安いのでいいですよー。軽く冷やして。
     ↓
    ちょっと香りも楽しんで(試して)みたい
        ↓
     ぶどうの品種はシラーやグルナッシュというものが多いと思いますが
     産地で選んでみたらいかがでしょうか?
     フランスのコート・デュ・ローヌ(Cotes-Du-Rhone)地方、又は
     同じくフランスのラングドック・ルーション(Languedoc-Roussillon)地方のもの
     オススメです。やはり軽く冷やしてみてください。

ちなみに、ラベルはフランス語や英語だと思いますが、上記の文字を参考にしていただけると
いいかもしれません。(ちょっと無責任ですいません!)
 
というか、ラベルの問題ではなく本当はもっと丁寧に書かなくちゃ、なのです。
でも、これ以上書いたら、ただでさえ少数ブログなのに、
嫌気を感じられてしまってもいけませんので(笑、ここまでにしますね。

ここまで読んでくださいました方、いらっしゃいましたら、ありがとうございます。

blueさん、コメントに思わずくいついてしまいました。・・・聞かれてないっていうのにぃ(笑・・・
          お酒好きの、自己満足でしたm(._.)m
[PR]
by pop-daisy-go-go | 2005-04-14 10:55 | wine
<< 美しい人 おうちで「おさけ」のススメ >>